フリーメールアドレスでも登録可能にする

フリーメールアドレスでの登録は問題なの?

フリーメールアドレスとは、登録すれば誰でも利用可能になるメールアドレスのことです。このフリーメールアドレスを、メール配信サービスの宛先として登録可能にするかどうかは、今まで議論の余地があるポイントになっていました。なぜならば、フリーメールは誰でもいつでも取得可能な分、利用者が簡単に捨ててしまったり、いたずら目的で利用していたりするリスクがあるからです。一方、例えば携帯電話を契約した際に利用可能となるメールのことはキャリアメールと呼んで区別しますが、こちらは契約料金などが発生することや、本人確認などがしっかり行われていることから、信頼度が高いと考えられています。折角登録して貰っても相手に読んで貰えないのであれば、メール配信の価値が低くなってしまうため、フリーメールをそもそも登録不可としているメール配信サービスも珍しくはありませんでした。

今やフリーメールは一般的になっている!

しかし、フリーメールの扱いは時の流れと共に変化が生じています。世界的に名の知られた企業などがフリーメールを提供するようになり、その利便性の高さから、業務用として利用している人すらいるほどになったのです。勿論、かつてと同じく信頼できない使い方をしている人も、中にはいるのが現状です。しかし、健全な使い方をするユーザー数は飛躍的に増えているため、フリーメールを一括して登録禁止にしてしまうと、顧客になる可能性のあるユーザーを得る機会を自ら逃してしまうことになりかねません。このように、デメリットよりもメリットの方が大きくなっているので、フリーメールアドレスでも登録可として、間口を広くしておいた方が良いでしょう。