1日に配信するメールは1回までにする

多すぎるメールは迷惑になる?!

メール配信で顧客を増やしたいと思うあまり、配信頻度が過剰にならないように注意しましょう。原則として1日に配信するメールの回数は、1回までと考えた方が無難です。顧客のためを思って配信しているとしても、それ以上の頻度ではメールを受信する側にとってストレスになりかねないからです。第一に、メールを受信する際に料金が発生する環境の人がいます。第二に、メールを開封する作業は、何度も繰り返せば時間がかかってストレスになりかねません。例えば、お店の空き情報などを1日に1回以上伝えたいと思うのであれば、メールではなく他のSNSなどを利用するといった、使い分けを考えた方が良いでしょう。特に昨今の若い世代はメールを利用しない人も珍しくないので、注意が必要です。

配信時間を考えてみて!

それではアピール力が足りないのではないかと思うのであれば、配信時間を検討すると良いでしょう。例えば、社会人の男性向け商品を扱うネットショップであれば、朝の通勤時間帯や昼休みの時間帯など、相手がスマートフォンなどに触れている時間を狙って送信することで、空き時間に閲覧して貰える可能性が高まります。レジャー情報のような休日利用者が多いところであれば、予約投稿機能を使うなどして、土日を狙った方が効果的かもしれません。特にメールは開封すらされずに削除されてしまいがちな存在ですので、まずは相手の目に止まるかどうかが重要です。1日の配信回数よりも、読み手の時間と配信時間をマッチさせるかどうかを意識しましょう。

メルマガ、サポートメールなどの配信を自動化して業務の効率化が可能です。メール配信APIを利用すれば、データベースなど既存のシステムと連携してメール配信が行えます。